もういらないと思ったものでも…

  
目安時間 14分  
  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング

こんにちは!

 

今日は、こころんがなぜ
「せどり」を始めようと思ったのか

 

そのきっかけとなった出来事について
お話していきたいと思います。

 

せどりというより
最初は家の不用品を販売することから始めたんですが

 

私が不用品販売を始めた理由。

それは...

 

「お金が底をついてやばかったから」
なんですね(>_<;)
お恥ずかしながら。

 

でもそんなにやばい切羽詰まった状況で
何も知らない私が
ある日突然!ものを売り始めたのに

 

稼げてしまったんです(^^;

1か月で3万円くらい。

 

 

ちなみに「せどり」というのは
ものを安~く仕入れて(購入して)
それよりも高く(一般的な価格で)販売し
その差額を利益とするものです。

 

世の中のどんなお店でも
この基本スタイルで成り立っていますよね。

 

スーパーでもドラッグストアでも
販売している価格よりも安い価格で商品を仕入れているから
商売として成り立っています。

 

「不用品販売」というのは
商品を仕入れてくるわけではなく
自分の持っているもので、もう使わないようなものを販売する。
リサイクルショップに持って行って、売るのと似ていますね。

 

で、私が不用品販売を始めた方法は
フリマサイトでした。

有名なところで言うと
「メルカリ」「ラクマ」などのサイトです。

よくCMでも流れていますよね

 

携帯のアプリを使って
誰でも簡単に
物の売り買いができるんです。

 

 

その不用品販売で思った以上に収益ができたので、
その楽しさ、嬉しさから
「せどり」を始めるようになりました。

 

 

私はもともと看護師をしていたのですが
3人目の子供が産まれたところで
第一線から退いていました。

 

当然、収入が減るので
それまでのようにお金が使えなくなったわけですが
主人の収入で衣食住はまかなえていました。

 

しかし!払うのに困ったのが
「子供の習い事代」

 

スイミング、ピアノ教室、合唱団、通信教育など

それぞれの子に習わせていましたが

まあお金がかさむことかさむこと...!

 

毎月の月謝に加えて、

それぞれの舞台発表会の費用
(1人あたり1万5000円くらい)
制服代、遠征費、楽譜などの必需品

 

そんなこんなで月に数万円が
あっという間に飛んでいきます。

 

ひーっ!!!
って言いたくなるくらい。

 

でもお金がないからって
子供が頑張っていることを中断させたくはない!

 

 

そんな時ですよ
主人のゲーム課金が発覚したのは。

 

ストレス発散のため?に始めたスマホゲームにのめり込み
どんどん課金してしまい

翌月にきた請求書

 

!!!50万!!!

 

ゲーム代だけでですよ!!

 

もうね...頭が真っ白になって!

なんで?なんでなの??
たかがゲームに!!!

 

そしてその月だけならまだ良かったものの
課金がやめられず
毎月そんな額を費やすようになり

 

怒りを通り越して
泣きたくなりました。

 

食べていくので精一杯。
貯金は底をつき
通帳の残高300円なんてことも。

 

もう一度、働きに出るしかないのか...
と思いました。

 

だけどまだ子供たちが小さく

誰からの手助けもない状態で子育てをしていて
手一杯だった私は

 

家にいながら何とかできないか!?
と思い始めました。

 

とりあえず子供の習い事代だけでも
なんとか私が稼げればと。

 

そこで思いついたのが
フリマサイト。

 

とにかく見よう見まねで
家の不用品を出品しまくりました(笑)

 

もちろん売れないものもあったんですけど
でも思ったより売れ行きが良くて。

 

中でも一番
ヤッホーい!!
ってなったのは...

 

太って着れなくなったフォーマルウエア(笑)

 

お葬式などで着る、黒いスーツですね。
大人になったら一着は用意しておいた方がいいと
お給料をはたいて買ったものの
ほとんど着ないままサイズが...泣

 

若い頃は細かった...(どうでもいい)

 

でね、それを出品してみたら
売れたんですよ

その額なんと!!

 

1万8000円!!!!

 

やったー!!!!!

 

もちろん買った時はもっと高かったんですが
(5万近くしたかな...)

でももう着れないんだし。
宝の持ち腐れ。

 

フリマで購入してくださった方も
最初は悩まれていたんですが

 

この洋服、
フォーマルウエアには少し珍しく
スカートがプリーツタイプだったんですよね。

 

女子の制服のスカートほどではないんですが
控えめにプリーツが入っていて
膝丈で、すそ広がり。

 

要するに、よくあるおばちゃん臭いスーツじゃなくて
若い人向けのかわいらしいデザイン。
(痩せたってもう着られない...)

 

これが気に入って、
どうしても欲しいと言ってくださり
メッセージのやりとりの後

ご購入いただきました。

 

届いたあと、すごく喜んで頂いたのを覚えています。

嬉しかったな~!

 

 

次はというと
親戚のお姉さんからもらった
ディオールのピンクのふんわりドレス。

 

いや、こんなん着れないでしょ...
どこに着ていくのよ???

っていう(笑)

 

でもブランド物だし(多分20万くらいする(^^;)
デザインは素敵だったので
取っておいたんですね。

何年もたったから、少しシミができてしまって。

 

でもそれを出品したら

なんと売れたんです!

 

それも15000円で!!!

 

え、売れるんだ!?!?
っていう驚き(笑)

 

こんなピンクのドレス!?!?
まさか!
売れたの???

 

出品しておいて何なんですが
それくらいびっくりしました。

 

そのとき購入者さんからいただいたメッセージが残っていまして、それがこちら。

 

「素敵なお品物をありがとうございます。
とても気に入りました。
大切に使わせていただきます。」

 

 

この時思ったんです。

 

 

そうか...
私がいらないと思ったものでも
こんなの使えない、と思っていたものでも

 

世の中には
それを欲しいと思う人がいるんだ。
必要だと思う人がいるんだ。

 

たとえば
可愛いフォーマルウエアが欲しいと思っても
ピンクのドレスが欲しいと思っていても

 

あまりにも高ければ手が出ない、とか
探してもなかなか見つからない、とか。

 

だけど
たとえ中古品でも
多少シミがあったとしても

 

好みのものがあった~!!!
ついに出会えた!!!

となれば

 

買います!!!ありがとう!!!

 

ってなるんだなって。

 

18000円とか15000円とかで出品したときは
高いかな??と思っていたんですが

 

そういう人から見ると

 

お安く譲っていただいてありがとうございます!!!

 

ってなるんですよね。

これはけっこう衝撃で。

 

普通の人からみれば高いと思うものも

本当に欲しい人から見れば

安く思える!

 

もちろん、全てのものがそんなふうに
高く売れるわけではありません。

 

一般的な古着だとだいたい
数百円から1000円代とか
よくて3000円とか。

 

売れると思ったのに
自分ではけっこう気に入っていた洋服なのに
全然売れない!
なんてこともよくあります。

 

だけど、自分の概念を取っ払って
世の中ではどんなものが売れているんだろう...
どんなものが必要とされているんだろう...

と考えて調べていったときに

 

売れるものってたくさんあるんだな
と気づいたんです。

 

いや~おもしろい( *´艸`)

 

それに、今って
スマホのアプリでも
みんな意外に高い買い物をするんですよね。

 

ひと昔前は
携帯で買い物をするなんて...怖い!
みたいな風潮があったと思うんですが
(世代がバレる(^^;)

 

今はそんなこと全くないし
一般の人が売っている、何万円もするようなものを
スマホで!!
買ったりするんですよね。普通に。

 

そう考えると、物販の可能性って
限りなく広いなと。

 

そんなことに
気づき始めたこころんが

このあとどんどん
物販に夢中になっていき
せどりを始めるというわけです。

 

不用品も、家の中のものだから
限りなくあるわけではありません。

 

そこそこ売ったら、
だんだん売るものが無くなってきます。

 

でも、こんなものが売れるんだな
って少しずつ分かってきたので

 

次は、需要のあるものを安く購入して(仕入れて)
フリマサイトで販売していったんです。

 

ではどんなものを仕入れていったのか?

 

それはまた今度、お話しますね。

 

 

*******************

編集後記

*******************

こころん初のメルマガ

いかがでしたか(^^;

 

ちょっと長く語りすぎたような。
一人で勝手に盛り上がってしまったような。

 

反省して次に生かしたいと思います。
(いや多分このまま突っ走ります笑)

 

本編では、まだ子供たちが小さかったとお話しましたが
今は小5、小3、年長とだいぶ大きくなりました。

 

歳は2~3個ずつ離れているんですが
みんながまだ小さい頃は
それぞれに手がかかって

家でひとりでみているのも
ひとりで3人連れて歩くのも
本当に大変でした。

 

今は上ふたりが小学生になって
習い事に自分の足で行ってくれたり
友達と遊びに出かけたり

お腹がすいたら
適当にうどんやラーメンを作って食べてくれたりと
かなり楽になりました。

 

その代わり
学校の勉強を見なければならないという
新たな試練が。

 

毎日の宿題チェックと丸つけ。
宿題やりたくない病との闘い。
なかなか大変なものです。

 

さて、今日もこれから闘いに挑みます(^^;

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前 

メールアドレス 

コメント

ページの先頭へ